ミルセリンホワイトの中身を徹底的に解析しました

 

ミルセリンホワイトの効能・効果

 

ミルセリンホワイトの中身について

 

ミルセリンホワイトには大きく4つの効果・効能があります。

 

それを以下でひとつずつ紹介していきます。

 

しみ、そばかす、日やけ・かぶれが原因の色素沈着を改善・予防します。

 

しみの原因って知っていますか?

 

しみの原因になるのは、紫外線を浴びることで体内に作られるメラニンと呼ばれる褐色色素です。

 

通常であれば、このメラニンは肌のターンオーバーにより、4〜6週間でアカとなって排出されます。

 

しかし、加齢による新陳代謝の低下や、紫外線の浴び過ぎによる大量のメラニンの発生で、メラニンがうまく排出されず、溜まったメラニンがしみになってしまいます。

 

この蓄積していくメラニンを改善していくには、体の内側から変えていく必要があり、ミルセリンホワイトは、防ぐ・薄くする・排出するという3つのステップでしみを改善・予防するように作られています。

 

防ぐ

L-システイン240mgでメラニンを防ぎます。

 

L-システインは、メラニンの生成を抑制し、しみの原因に根本的に働き掛ける美肌アミノ酸のことです。

 

この成分が、ビタミンCとの協力することで、体内のメラニン発生を防ぎつつ、ターンオーバーを正常に戻し、メラニンを体外へ排出させるため、新しいシミができるのを防ぐことができます。

 

あれもこれもと、化粧水・美容液を使ってケアしなくても、飲むだけでしみを防いでくれるなんてありがたいですね。

 

薄くする

ビタミンC1,000mgでしみを薄くします。

 

ビタミンCには、肌の中に蓄積されたメラニンをなかったことにする働きがあります。
レモン50個分に相当するビタミンCの美白成分が、すでにできてしまったしみを薄くし、目立たなくします。

 

すでにできてしまったしみを、化粧で一生懸命隠す日々ともおさらばできるかもしれません。

 

排出する

ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6でメラニンを排出します。

 

L-システインと協力することで、肌のターンオーバーを正常にし、すでにできてしまったしみ=溜まったメラニンを体外へ排出させます。

 

外に出してくれるので、しみの改善はもちろん、しみの予備軍となるメラニンが溜まらないので、しみ予防ができます。

 

肌のきめを整えて、健康的な肌にしてくれる嬉しい成分です。

 

 

にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけなどの肌トラブルを改善します。

 

にきびの主な原因は、毛穴詰まりです。

 

肌の再生がうまくいかずに古い角質が残ってしまったり、過剰分泌された皮脂・落としきれなかった化粧などが毛穴に溜まってしまったりすることでにきびができます。

 

ミルセリンホワイトは、肌の再生サイクルを整え、新陳代謝を促進するので、余分なものを排出し、順番にキレイな肌へと生まれ変わらせます。

 

ビタミン不足による歯茎からの出血、鼻血を予防します。

 

ミルセリンホワイトには、レモン50個分に相当するビタミンCが1,000mgも含まれています。

 

歯茎の出血、鼻血の原因の一つにビタミン不足がありますので、それを補うことで出血を予防します。

 

なお、服用後1カ月を経過しても思った効果が出ない場合は、原因が違う可能性があります。

 

服用をやめて、医師、薬剤師または歯科医師に相談するようにしてください。

 

 

疲労回復、栄養補助剤として利用できます。

 

ミルセリンホワイトの中身について

疲労回復に有効なビタミンCが豊富に含まれています。

 

疲れた時はもちろん、病気によって低下してしまった体力回復に効果を発揮します。

 

また、妊娠・授乳期のお母さん、食事では、なかなか量を摂取できない高齢な方の手軽なサプリメント代わりとしても利用できます。

 

なお、すでに何かしらの薬を服用している方、妊娠・授乳期のお母さんは、事前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してから利用してください。

 

こんな素敵な効果・効能があるミルセリンホワイトですが、少なからず副作用もあります。

 

以下の症状が出た場合には、服用を中止して、医師、薬剤師または販売登録者に相談するようにしてください。

 

皮膚

発疹や赤み、かゆみが出ることがあります。

 

消化器

気持ちが悪くなり、嘔吐したり、腹痛を伴う下痢や便秘になることがあります。

 

体調に意見を感じたら服用を中止してください。

 

他の部分について

生理が予定日より早くきたり、血の量が増えたりすることがあります。

 

ミルセリンホワイトに配合されているビタミンEには、血流を良くする効果やホルモン調整作用があります。

 

そのため、人によっては飲み始めにこのような生理の変化が出てきます。

 

ですが、通常は一時的なもので、服用を続けても問題ありません。

 

なお、出血が長く続く場合には、何らかの原因がある可能性が考えられるので、掛かりつけの医師に相談することをオススメします。

 

 

用法用量

 

年齢 1回の量 1日の服用回数
成人(15歳以上) 2錠 3回(食前または食後)
7歳以上15歳未満 1錠 3回(食前または食後)
7歳未満 服用をしないでください
  • 水もしくはお湯で服用すること。
  • 薬で胃が荒れやすい方は、食後に服用することをオススメします。